兵庫自治学会は、兵庫県及び県内の市町が主体的に取り組むべき行政課題について研究しその政策形成活動を助長することによって兵庫県政及び県内の市町行政の振興と
地方自治の発展に寄与することを目的としています。
全米公共・行政学会(ASPA)との交流

全米公共・行政学会(ASPA)との交流

Welcome to The Page of exchange activities

ASPA and HAPSA concluded an agreement to exchange information
upon mutual consent on October 8, 2003.

The purpose of this website is to deliver information related to HAPSA to all the ASPA members.


全米公共・行政学会(ASPA)との交流について

2003年8月、兵庫県・ワシントン州姉妹提携40周年記念共同声明において 全米公共・行政学会(ASPA)と兵庫自治学会との交流支援が謳われ、 同年10月、全米公共・行政学会(ASPA)と兵庫自治学会との相互交流の協定が締結されました。 当学会ではASPAエバーグリーン支部を交流の窓口として、以下のような活動を行っています。

(1)ホームページ上での情報交換・提供
(2)人的交流の支援

全米公共・行政学会(ASPA)とは
全米各地において120を超える支部を持ち、行政に関わる9000人の研究者・実務者から成る
専門家組織です。
各分野において20の分科会を有し、全米の公共・行政に関わる新聞や情報誌の発行、 また地域や全国レベルでの年次会議を重ねながら、行政に関する次の3点を中心とした活動を活発に行なっています。

(1)学術・技法向上の促進
(2)文献や情報の作成・交流の奨励
(3)公務のための高い倫理基準の提唱


これまでの参加募集のお知らせ・参加報告

ボランティアスタッフ募集

兵庫自治学会ではASPAとの交流をサポートしてくださる方を募集しています。

1.ボランティアスタッフの募集

兵庫自治学会と全米公共・行政学会(ASPA)との交流推進をサポート(翻訳等)して頂ける
ボランティア・スタッフのメンバーを募集しています。
主にASPA発行の月刊誌の翻訳、自治学会の論文等の英訳等を行っていただ きます。
興味をお持ちの方は事務局までお問い合わせ下さい。